水道工事も必要となる現在の蛇口

水トラブルの中でも、パッキンの交換など修理を考えなければいけないのが蛇口です。構造を知っていれば、そこまで難しいことではありません。解決方法としてもモンキーレンチ程度の工具でできるところが重要です。問題は、パッキンの交換だけでは済まないこともあります。現在は強い構造のものも多く出てきており、修理も単純ではなくなりました。そのため、水道工事会社に依頼して修理や交換をしなければいけないことが増えました。

■自分でできるパッキンの交換

蛇口には、大きく分けて2つの種類があります。一般的なのは、ツーレバー水栓と呼ばれるタイプです。見た目でわかりますが、二つのハンドルがあり、それぞれを調節して使います。構造的には単純で、二つの蛇口がついていると考えればいいでしょう。ハンドルもキャップを外してビスをまわして外すだけで、内部のパッキンまで到達できます。あとは順番に外して交換するだけで、蛇口 交換は完了です。
ワンレバー混合栓と呼ばれるタイプは、構造がツーレバーとは異なります。バルブカートリッジが消耗品にあたるため、パッキンのように交換していかなければいけない部分です。ツーレバー水栓ほど構造が簡単ではありませんが、修理ができないほどではありません。

■高機能な蛇口も多い

最近では、蛇口も多彩になってきました。例えば省エネを考えて細かな泡が含まれるようにしたタイプがあります。分岐水栓と呼ばれる食洗器や整水器を取りつけることが前提の蛇口も便利です。レバーなどもなく、タッチするだけの蛇口もあり、かなり便利に使えるようになりました。
こうした蛇口の構造を考えると、素人が取り付けするには難易度が高くなりすぎます。工具も特殊なものが必要となり、失敗してしまうことも出てくるでしょう。密閉できずに水漏れを起こすこともあります。蛇口にも寿命があり、だんだんと老朽化していくことになりますが、最新のものに交換する場合には、水道 工事会社に依頼した方が良いでしょう。

■まとめ
修理をするとしても、蛇口は種類も増えてきて、どれでも同じようにできるわけではなくなりました。修理が簡単なものは過去の話で、現在の高機能なものは、専門的な知識も必要です。難しい構造だけではなく、道具も合わせて用意しなければいけません。ナットサイズに合わせたスパナを揃えるだけでも大変です。特殊な工具を必要とする場合も出てくることを考えれば、水道工事会社に依頼して確実に使えるようにした方が効率的です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ